APMMについて

常に品質

私たちの会社では、卓越した品質に誇りを持っています。最初のコンセプトから最終製品まで、細部へのこだわりは他の追随を許しません。進化し続ける業界において、APMMは革新と提供の基準を設定しました。私たちのサイトを探索して見てください

 
DJI_0003.00_02_56_05.Still005.jpg

私たちの物語

Company Timeline.png

 

    APMMは、ミシシッピ州ブルースプリングスで製造されたトヨタカローラの北米でトップクラスのサプライヤーの1つです。  2007年に設立され、2011年にトヨタ車体ジャパン(TABJ)が生産を開始しました。 1945年に設立されたTABJは、愛知県刈谷市に拠点を置くトヨタグループの自動車製造部門です。 APMMはTABJの高度な技術を利用しています。リーン生産方式を実践しており、金属プレス、射出成形、プラスチック、ロボット溶接を専門としています。

 

 ​私たちは、プロセスを絶えず改善し、自然、人的、および企業のリソースの不要な無駄を排除することにより、チームメンバーが品質を最適化できるようにします。私たちの組織には、共通の価値観、知識、手順が含まれています。カイゼンは、各生産段階で明確な責任を従業員に委ね、すべてのチームメンバーが全体的な改善に努めることを奨励しています。

   APMMは、その幅広い活動を通じて、常に環境を日常業務の一部と見なしています。当社の方針は、製品のライフサイクルのすべての段階の影響を分析することです。これには、開発、製造、運用、リサイクルが含まれます。

エグゼクティブスタッフに会う

関貴史

大統領

キム・クランビー

ディレクター&プラントマネージャー

鳴橋隆夫

管理部長兼ゼネラルマネージャー

Ken_edited.jpg

山口健二

エグゼクティブプロダクションアドバイザー

宮本聡

エグゼクティブプロダクションアドバイザー